美白のメリットとデメリット

美白のメリットとデメリットについて

2014年6月 のエントリー


皮膚がんや白内障の原因

2014年6月05日 - 11:32 | 投稿者 びはく

 

 

ウェディング01よく夏の季節には紫外線量の予報などをお天気コーナーなどで紹介されていることもあり、女性の肌の天敵である太陽光はしっかり対策が必要になってきます。

 

しかし日本といえど地域によっても太陽光の量が違ってきますので、その地方に住んでいる方は地域に合わせた対策が必要になってくるのです。

 

最北端である北海道と、最南端の沖縄では一年で浴びる太陽光の量が大きく違って来るとされています。

 

特に最南端である沖縄は比較的気候が暑く、太陽光を浴びる量としては約2倍の違いが出てくるとされています。

 

よく夏の季節に浴びてしまう太陽光は、肌を日焼けさせてしまったり、女性の気にするシミの原因になることだけが注目されていますが、有害な悪影響として皮膚がんや白内障の原因にもなってしまうとされています。

 

そのため普段外を歩くときには顔や肌に日焼け止めを塗るのはもちろん、帽子や手袋を使用して肌を守ってあげる必要があります。

 

最近では日傘をさしていれば太陽光から肌を守れると思っている方も多いですが、太陽光は地面に反射して肌に照射されているので、しっかり下からの日射に対しても対策を採ることが求められているのです。

 

特に女性は綺麗な肌を守るためにもケアは大切です。

カテゴリー 未分類 | 皮膚がんや白内障の原因 はコメントを受け付けていません。

可視光線と目に見えない不可視光線

2014年6月05日 - 11:31 | 投稿者 びはく

光には人間の目に見える可視光線と目に見えない不可視光線はがあります。

 

人間に見えるかどうかは、その光の波長が目に見える範囲にあるかどうかで決まり、この範囲の下限よりも短く、X線よりも長い波長の光(電磁波)を紫外線(UV)と呼んでおり、太陽光線にはこのUVがたくさん含まれています。
UVは、物質に当たると化学変化を起こす働きを持ち、人間の細胞に当たると、活性酸素を生じさせたり、シミや日焼けの原因となるメラニン色素を生成させるなど、人間の美容と健康にとって良くない作用を引き起こすので、外出するときにはUV対策が必要となるわけです。

和室

 

一方、蛍光灯は、ガラス管の内部で発生させたUVを、ガラス管の内側に塗った蛍光物質に反射させることによって、広範囲に可視光線を発生させる仕組みになっています。
ガラス管内部で発生するUVは、人体に非常に有害なものですが、一般的な製品では、UVの透過性が悪いガラス管を使用し、内側に塗られた蛍光物質にはUVが反射・吸収されるので、基本的に内部で発生したUVが直接外に出ることはありません。

 

 

しかし、蛍光灯が発生させる光にも、わずかにUVが含まれています
とはいえ、これは太陽光に含まれているUVに比べればほんのわずかな量に過ぎないので、人体にほとんど悪影響を与えることはないといえるでしょう。

 

 

ただし、人体には影響はないとはいえ、蛍光灯から放出されるUVには、紙製品や食品、衣料品、美術品などを徐々に変色・劣化させる作用があります。

 
特に、品質劣化が顕著にあらわれやすいお茶やお酒などは、できるだけ蛍光灯の光が当たらない場所に保管することが大切です。

カテゴリー 未分類 | 可視光線と目に見えない不可視光線 はコメントを受け付けていません。

新陳代謝は28日周期

2014年6月05日 - 11:30 | 投稿者 びはく

お肌の新陳代謝は28日周期だという話をきたことがあるのではないでしょうか。

 
そう、ターンオーバーといわれる肌の代謝がスムーズに行っている場合、おおむね28日かけて肌の細胞がうまれかわっていきます。肌の奥深くでうまれた細胞が、その次にうまれた細胞によっておしあげられて角質層となるまでに約14日間、そしてそこからさらに14日間角質層のなかでも徐々に表面へと押し出されていき、最終的には汚れとなってはがれ落ちていくのです。

窓
しかし、これは誰でも28日周期というわけではありません。
ちょうど肌のトラブルや悩みがでてくるような年齢、たとえばシミができたとか、シワができたという悩みが生まれる年齢には、この正しいターンオーバーサイクルは乱れてきているのです。通常よりもこの周期が遅くなることによって、肌にくすみが生まれたり、ざらつき、ごわつきといった目に見えるような変化があらわれてきます。

 
ではこの28日周期が遅れるのはまずいけれど、早まるのは代謝が活発な証拠だから良いのでは?と思うかもしれません。
しかしながら、早すぎる代謝は、それはそれで良い結果にはなりません。肌細胞自体がいわば短時間で手抜き工事をしたような出来栄えとなってしまうからです。

 
いくつになっても正しいサイクルが守られるようにすることが大切なのです。

カテゴリー 未分類 | 新陳代謝は28日周期 はコメントを受け付けていません。

シミやソバカスの原因

2014年6月05日 - 11:30 | 投稿者 びはく

小物03

 

太陽の光が一気に増えてくる夏の季節は、太陽の光のまぶしさから手で顔を覆ってしまう方が多いのですが、その際に手の甲を太陽光に当ててしまうのはとても危険です。

 

手の甲や首などは女性の加齢が一番目立ちやすい場所になっているので、何度も手の甲を太陽光に当ててしまうことにより、シミやソバカスの原因になってしまうのです。これはしっかり日焼け止めなどを塗っていても、肌にメラニン色素は蓄積されていくとされていますので、年齢を重ねることでシミが必ず出てきてしまいます。

 
そこでそのような状態から肌を守るためにも、普段から手にはUV効果の高い手袋を使用したり、どうしても素手で太陽光をさえぎるときには手の甲ではなく、手のひらを当てるようにすることをお勧めします。手の表部分は日焼けをしにくいようになっているので、肌のトラブルなども起こりにくいとされています。

 

それでもやはり日焼けなどはしてしまう恐れがありますので、白い美肌を保つためにも、こまめに日焼け止めは全身に塗ることを癖にするようにすると、年齢を重ねても綺麗な状態の肌を保つことができると同時に、太陽光から肌を守ることができます。

 

お子さんなどがいる場合もしっかりケアをしてあげる必要があります。

カテゴリー 未分類 | シミやソバカスの原因 はコメントを受け付けていません。

「アスコルビン酸」

2014年6月05日 - 11:29 | 投稿者 びはく

ビタミンCとは水溶性のビタミンで「アスコルビン酸」とも呼ばれます。

 

主に人間の体内で様々な原因から発生する活性酸素から自らが酸化されることで、身体の酸化を防ぐ役割をしています。

他にも腸から働きかけで鉄分吸収をたすけたり、コラーゲンの生成などの様々な役割を担いなくてはならない栄養素の一つとなっています。

 

多く含む食品としてはピーマンやブロッコリー、アセロラ、レモン、イチゴなどの緑黄色野菜や果物類が挙げられ食事で摂取することが可能ですが、この栄養素は体内に蓄積されない、水に溶けやすい、熱で壊れやすいといった特性をもっています。小物02

 

そのため過剰に摂取しても尿中に排泄されたり、調理の熱で栄養素を減らしてしまったりすることもあり気をつけなければなりません。

 

また偏った食生活や喫煙習慣、ストレスなどで活性酸素を増やすことで消費してしまう事も多いとされ、極端に不足すると「懐血」という状態に陥る危険があり、コラーゲンを必要とする皮膚、筋肉、内臓に悪影響を及ぼします。

 

このような事に対し、蓄積されない栄養素の対策としては一度にたくさんとるのではなく何度も時間を空けて回数を増やし摂取することで常に身体に必要量が確保することができます。

カテゴリー 未分類 | 「アスコルビン酸」 はコメントを受け付けていません。

美肌のための柑橘系

2014年6月05日 - 11:28 | 投稿者 びはく

小物01

 

日焼け、シミ、くすみの原因は、皮膚内で生成されるメラニン色素で、UVの障害から皮膚のDNAを守るという生体が持っている防御機能です。しかし、美肌を目指す人にとっては気になる存在です。そこで日焼けなどの対策にはメラニン色素をコントロールすることが重要になります。

 
ビタミンCは、美肌ビタミンとして知られており、ホワイトニング化粧品にもよく含まれています。ビタミンCには、メラニン色素の生成を抑えたり、できてしまったメラニン色素を薄くする働きがあります。また、UVの影響で皮膚内にできた活性酸素を取り除いて、皮膚の健康を維持するという働きがあります。

 
ビタミンCが含まれる食品というと、柑橘系フルーツが頭に思い浮かびます。積極的に食べることが勧められますが、朝に食べることは避ける方がよいです。それは、UVへの感受性を高める作用があるソラレンという成分が含まれるからです。

 
昔、ビタミンCが日焼け防止によいということで、輪切りにしたレモンを肌に貼るという方法がはやったことがありますが、肌に輪切り型のシミができてしまった人がいました。それはソラレンが原因だったのです。

 
そのため、美肌のために柑橘系を摂る時間は、夜間の方がよいです。

 

カテゴリー 未分類 | 美肌のための柑橘系 はコメントを受け付けていません。

唇のケアも忘れずに

2014年6月05日 - 11:27 | 投稿者 びはく

美容に敏感な女性は皆、顔の日焼けにはとても敏感ですね。

 
日焼けは勿論しみの原因になってしまいますし、それは即老けて見られる原因に繋がってきます。
ですから、日焼けの季節にはかならずUVケアが欠かせないものとなっていますね。

花瓶02

しかし、唇の日焼けにはあまり気を使っていない方が多いのではないでしょうか。
あまり知られていないかもしれませんが、唇も日焼けするのです。

 

他の部分と同じようにシミができる場合もありますし、乾燥して荒れているようになったり、くすんで色が悪くなったりする場合もあります。
夏場なのに唇が乾燥してガサガサになっているという状態のときは、恐らく日焼けしている状態です。
女性はメイクの際に、必ず口紅は塗りますが、口紅は油分を含んでいるので、これがUVを吸収して酸化し、余計に色素沈着の原因となってしまうことが考えられます。

 

ですから、口紅を塗っていてもUVケアにはならないのですね。

 

そこで、唇のUVケアには、きちんと日焼け止め効果のあるリップクリームなどを塗っておいた方が良いでしょう。
どんなに綺麗にメイクしても、唇が荒れてガサガサしていると老けた印象を与えてしまいますから、日焼けの季節には唇のケアにも気を使ってみましょう。

カテゴリー 未分類 | 唇のケアも忘れずに はコメントを受け付けていません。

日光により活性化するメラニン

2014年6月05日 - 11:26 | 投稿者 びはく

強い日差しは肌を老化させたり、しみ、ソバカスの原因となることで知られていますが、過剰に日焼けすることは体にも良くありませんので日差しの強い夏場は特に注意したいものです。

 

 

そして日光は年中降り注いでいますから、やはり年間を通してのUVケアが大切となります。花瓶01

 

 

一般的に行なわれているUVケアとしては、日焼け止めクリームや日焼け止め効果のあるファンデーションで肌を守るという方法があげられますし、防止や手袋、日傘などもUV対策にはとても役立ってくれるものです。

 

 

そして、忘れてはいけないのが目のUV対策です。

 

 

メラニンはメラノサイトとも呼ばれていますが、皮膚が日光を浴びるとその働きが活発化されるといわれています。

 

 

そして光は目からも入ってきますので、肌の日焼け対策をしっかり行なっていても目のケアを怠っていると十分な対策が行なえない場合もあります。

日差しの強い時間はあまり外に出ないこともあげられますが、サングラスもとても便利な存在です。

そしてサングラスを選ぶときはレンズがきちんとUVカット加工をしているものを選ぶことが大切です。

それから選ぶときは黒っぽいレンズを選ぶという方もいらっしゃるかもしれませんが、濃い色のものを選ぶと瞳孔が開き、より多くの光が入ることとなり逆効果になることもありますので、注意しましょう。

 

 

透明のレンズでもUVカットが加工されたものなら十分効果が得られます。

カテゴリー 未分類 | 日光により活性化するメラニン はコメントを受け付けていません。